お電話でのお問い合わせは…
03-3498-5400
まで、お気軽にどうぞ!

公開物件を見る 会員登録をして非公開物件情報を貰う

表参道駅 徒歩1分! 駅すぐのスペースリブ

東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅B1出口を出てすぐ、蕎麦屋さんの角を入って下さい。ローソンを過ぎてすぐ、右手のガラス張りの建物です。物件紹介のモニターが目印!

案内図 スペースリブ外観

非公開物件多数あります!

スペースリブではWEB上には公開出来ない「非公開物件」も多数取り扱っております。表参道・青山エリアに特化している弊社の強みでもある、この「非公開物件」を見る方法は2つあります。

方法①・・・ご来店いただく。
方法②・・・会員登録後、メールで物件情報を受け取る。

あなたのご都合の宜しい方法で、あなただけの、条件に合った物件を見つけて頂ければと思います。>>>会員登録はこちらから

※FAXで情報を手に入れたい方は03-3498-5400にお電話頂き、その旨お伝えください。

青山・表参道の不動産総論

骨董通りの都市計画道路は昔から実施されませんでしたが、近年は恵比寿から骨董通りへ抜ける駒沢通りが開通するなど
社会情勢の急変と道路環境の変化の狭間で南青山6丁目界隈は、各ブランドの再構築が予想される状況になっています。
この界隈でマーケットがどう確立されるかが、今後の青山・表参道の盛り上がりにとって重要なポイントになると思われます。

みゆき通りは相変わらず青山においてアパレルブランドのメッカとして君臨して、
残りの古い建物や更地が再開発されて、その完成を見ることになるでしょう。

みゆき通りと骨董通りで挟まれた、エリアは細部まで開発が進んだお陰でブランドショップの出店可能性が一気に広がった
ように見えますが、この不景気感によって、残りの再開発候補地が商業系に進むのか?高級住居マンション系に進むのか?
これによって、このエリアのカラーが左右されるといっても過言ではありません。

青山通り沿いの商業施設、AOの裏側では商業施設ポルトフィーノが、
表参道の元・HANAE MORIビルからAOにかけての新しい導線に重要な役割を演じています。

青山の商業施設

青山の商業施設には、最近のAO、ポルトフィーノのほかに大御所のFrom First・コレッツィオーネ(みゆき通り)
Spiral(青山通り)青山ベルコモンズ(外苑前)や数年前にできたグラッセリア青山などがあり、その時代ごとの青山を映し出す
商業施設が作られてきました。

また、住所的には渋谷区神宮前ですがラポルト青山、オーバルビルなどの商業施設、テラス風結婚式場の多さなども
青山を意識できる重要なポイントなのではないでしょうか。

低層商業ビルが多い青山

青山は、建築基準法の制限の影響もありますが、住宅と商業ビルが混在する中で、
青山らしい、低層ビルでの商業ビルで開発・発展してきました。

ミニバブル以前の青山・表参道では、3階をビルオーナー住宅仕様、もしくは事務所テナント仕様、1階と2階を店舗テナント仕様で
建築することが多かったのですが、ミニバブルに入ってからは、3階を作らずに天井高の高い2層のビルを建てることも多くなりました。
地下はバブル時代に作って、崩壊後テナント付けに苦戦した経験で、作らないことも多くなりましたが、ミニバブル時代に1階を
欲しがるテナントさんが地下の一括借りが条件でも借りるケースがあり、その意味で地下を作るケースが復活しました。

このページの先頭へ